名刺データの作成と名刺印刷について

今まで勤めてきた会社を辞めて、新しい事業をはじめようとする際には、さまざまな準備作業が必要となります。社名の決定、オフィス・店舗の選定などが思い浮かびますが、その他にも重要な作業があります。それは名刺印刷です。
名刺は自分がどのような人物なのか、取引先に知ってもらうための重要なビジネスアイテムです。初めてお会いする人に名刺を渡しても、次の日には忘れられてしまうほど印象が薄いと、名刺を渡した意味がありません。自分の名前や会社名、事業内容などをしっかりと記憶してもらえるよう、印象深い名刺を作りたいものです。
こだわりの名刺を作るために、デザインから全て丸投げで業者に依頼することも可能です。しかし、他にも様々な事業準備がある中で、名刺印刷にそれほど大きな費用をかけられないことも多いでしょう。

名刺データを自分で作ってコストを抑える

名刺デザインを業者に頼めば結構なコストがかかるということなら、いっそ、名刺データを自分で作ってしまえばよいのです。自分で作成すれば外部委託の費用はゼロ。
名刺など作ったことがないので、どうやって作ればよいのか分からない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫。
自分の氏名や会社名、電話番号、Eメールアドレスなどの文字情報だけなら、wordやexcelなどの一般的なビジネスソフトだけで名刺データを簡単に作ることができます。自分の好みで、それぞれの文字のレイアウト、文字の大きさ、あるいは、フォントを設定するだけで、自分だけの名刺ができあがります。
また、wordの図形描画機能を使えば、簡単な絵や図形を挿入することも可能です。複雑な意匠のロゴなどを入れたい場合には、paintshopなどの専用ソフトを使用してロゴなどを別に作り、wordなどで作成した名刺データに挿入すればよいです。

名刺印刷はweb発注可能な業者がおすすめ

名刺データを作成したら、名刺用の印刷用紙に印刷すればよいのですが、この印刷に関しては専門の業者に頼むのが無難です。というのも、名刺は画質が命。テキスト印刷の品質が悪いと、最悪の場合、氏名や会社名などの文字部分がかすれてよめなくなることもあるからです。
依頼する業者としては、webからの発注可能な業者がおすすめです。
この場合、印刷業者のwebサイトから、部数や画質、用紙などの印刷条件の設定や、自分で作成した名刺データの入稿など、印刷を依頼するための全ての作業を一貫して行うことができ、大変便利です。
また、web発注システムを導入することで、業者側でコストを削減できるため、印刷料金をかなり低く抑えることができるのです。特に、事業立ち上げ時、名刺作成コストを抑えたい場合にはうれしい限りです。

会員証やチケットなどのナンバリング印刷も可能です。 20枚から注文できます。少ない枚数でも対応します。 発送スケジュール表があるのでいつ届くかわかりやすい。 少ないロットでも、100枚単位でも全国配送します。 20枚から注文できるので、色々なデザインを安く試せます。福祉への理解を示せる点字名刺も取り扱っております。 用紙サンプル無料提供します。実物を見てから注文可能です。 名刺印刷ならライオン名刺にご相談ください!