コストとスピードの両面に優れた名刺印刷とは

新しい事業を始めようとしたときには、さまざまな事業準備が必要となります。社名や屋号の決定、オフィスや店舗の選定、電話の開通など、やることはたくさんありますが、その他にも重要な作業はあります。それは名刺の作成です。
名刺は、これから事業を進めていく上で、ビジネス面での自分の顔ともなりえるアイテムです。新しい取引先に、自分の人となりや事業内容を理解してもらい、また、記憶してもらうためには、適当な名刺を作るのはおすすめできません。
しかし、一方で、まだ売り上げも出していない準備段階で、他にもいろいろお金が入り用な状態のときに、名刺印刷にあまり多くの費用をかけることのも考え物です。また、すぐにでも事業を始めようとするなら、時間をかけて名刺を作っている暇もないかもしれません。

コストパフォーマンスに優れたweb発注印刷

そこで、特に事業準備段階では、ある程度の品質の名刺をコストを抑えて作成したいもの。その場合には、web発注システムを導入している業者に名刺印刷を依頼することがおすすめです。
web発注システムとは、業者のwebサイトへのアクセスのみで名刺の印刷を発注することができるシステムです。印刷する用紙の選定、印刷部数の設定、名刺印刷に使用するデータの送信など、名刺の発注に関する作業を全てwebサイトから行うことができます。
全てwebで作業が完了するため、わざわざ印刷業者の元に出向いて発注する手間が省けます。
さらに、web発注システムを導入することで、業者側では人件費、営業費などの受注に関する費用を削減できるメリットがあり、その分、価格を下げることができるのです。

発注から発送までスピーディで翌日発送も可能

web発注システムのもう1つの魅力は、発注から発送までのスピードの速さです。webサイトから発注すると、その発注の内容はすぐに業者の元に届き、速い場合ではその日のうちの業者の工場で印刷が開始されます。
最速では、発注の翌日にできあがった名刺を発送することも可能です。そのため、急に明日、新しい取引先を訪れることになったけど、名刺がまだできていない、という困った状況に陥ったときでも安心。その日のうちに発注すれば翌日に名刺を手にすることができます。
ただし、名刺の発注から発送までの期間を短くするほど、印刷料金は高くなります。そのため、余裕を持って発注することができる場合なら、別に翌日発送を設定する必要はありません。二日後、三日後の発送にすれば、印刷料金をさらに安く抑えることが可能です。